着衣泳

4年生と6年生が着衣泳の体験をしました。服を着たまま水の中に入りました。水を吸った衣服は重くなり、いつものように思うように動かすことができませんでした。着衣のまま水に落ちてしまったときに大切なことは「あわてずに、浮く」ということです。浮くために、ペットボトルを使いました。服の中に入れたり、持ったりしてしてみると…なんと!浮くことができました。ラッコのように背浮きで浮くことができます。自分の命を守るための着衣泳。とてもよい体験をしました。