5年理科実験【2/24】

5年生は、理科で「もののとけ方」の学習をしています。これまで、一定の量の水に溶ける食塩やミョウバンの量には限りがあることを理解しました。その上で、「なんとかして食塩やミョウバンをもっとたくさん溶かしたい」という思いから、そのための方策として2つの予想をたてました。一つは「水の量を増やす」こと。先週末の実験では、この予想が正しいことを確認しました。

今日は、もう一つの予想である「水温を上げる」ことを試しました。すると、ミョウバンが溶ける、溶ける。子供たちはびっくり。ガラス棒でどれだけまぜても溶けなかった「にっくきミョウバン(ある5年生の発言より)」が、面白いように溶けました。いつの間にか、「にっくきミョウバン」は、「かわいいやつ」に変わったようです。

児童会引継式【2/24】

卒業を間近に控えた6年生から、4・5年生に児童会のバトンを渡す引継式が行われました。初めに、6年生の後期委員長5名が、1年間の取組の成果と残された課題について話しました。それを受けて、5年生の次期委員長5名を代表筏井さんが挨拶をしました。学校を支える屋台骨として、がんばってくれることを期待しています。

 

1年生の雪遊び【2/19】

思いもよらない積雪で、グラウンドは再び雪原となりました。5時間目、1年生は、この足跡一つない雪原で、思いっきり遊びました。青く晴れ渡った空、真っ白な雪、そして色とりどりのウエアのコントラストが綺麗でした。

校内授業研修会【2/18】

本校は、令和3・4年度の2年間、「外国語活動・外国語科」の研究指定校となることが決まっています。11月の「5年外国語科」に続き、今回は「4年外国語活動」の授業を基に、西部教育事務所の宮城指導主事を講師に研修を行いました。

校内のお気に入りの場所を、英語を使って相手に教えたり、相手のお気に入りの場所を当てたりしました。また、お気に入りに思っている理由を英語で語り、それに対しても英語で答えていました。ペアでの協力体制が生きており、子供たちは楽しく学習することができました。

学習参観・学級懇談会3日目【2/10】

3日目は、2年生・5年生・なかよし学級が学習参観・学級懇談会を行いました。 子供たちは、保護者の皆様の来校が楽しみでならず、家の方の顔を確認しては笑顔になっていました。

今回も変則的な形態となり、保護者の皆様にはたいへんご迷惑をおかけしましたが、ご来校、本当にありがとうございました。令和3年度1学期(4月予定)の学習参観をどのように実施するか検討中ですが、次年度もよろしくお願いいたします。

  

 

 

学習参観・学級懇談会2日目【2/9】

昨日、1年生は算数科「どちらがひろい」を、3年生は道徳「森のげいじゅつてん」を公開しました。子供たちは、緊張しながらも積極的に学習していたと思います。 また、その後実施した学級懇談会にも多数ご参加いただき、ありがとうございました。10日は、いよいよ最終日となります。

学習参観・学級懇談会1日目【2/8】

今年度最後の学習参観、そして初めての学級懇談会を3日間に分けて行います。  8日は初日。4年、6年、あおぞら学級の3学級で実施しました。4年生は外国語活動を、6年生とあおぞら学級は、総合的な学習の時間を公開しました。6年生は、その後「感謝の集い」を行いました。卒業生からは、学校にテントを寄贈していただきました。大切に使わせていただきます。

今日は2日目ですが、グラウンドに再び雪が積もりました。足下の悪いところでありますが、皆様気を付けてお越しください。お待ちしております。

 

スキー教室【2/3】

一度は延期になったスキー学習でしたが、昨日、無事に実施することができました。4年生以上の3学年が、14の班に分かれて学習しました。各班に2人ずつ指導者がつくという体制をとることができたおかげで、14班全てがリフトに乗ることができました。また、誰一人けがをすることもありませんでした。指導くださった皆様には改めて感謝申し上げます。